有名なハゲ方AGA(男性型脱毛症)。3種類あるハゲ方の特徴を記す。

シェアする

ハゲの症状は人それぞれで、どのようにハゲてくるかは人によって違い

おでこから進んでくる人もいれば、てっぺんからハゲてくる人もいます。

AGAの他にも円形脱毛症など、様々な症状がある中で、

日本人男性でAGAによる薄毛に悩む人の数はおよそ1300万人もいるそうです。

最近は、女性で悩んでいる人も。

多くの人がハゲ・薄毛に悩んでいるという現実があります。

もちろん私もその中の一人

では早速、AGAのハゲ方の特徴を見ていきましょう。

AGA(男性型脱毛症)

←U(う)S(す)G(げ)

TVのCM等で大々的に放送されているので名前は聞いたことあるって人が多いのではないでしょうか。

ハゲ方の中で知られている名前としては一番有名かもしれないですね。

ハゲ方知名度No.1です。

AGAは”Androgenetic Alopecia”の略で直訳すると”アンドロジェネティック脱毛症”、日本語名称で”男性型脱毛症”といいます。

まずはAGAについて知るところから始めましょう。

AGAのハゲ方というのは大きく分けて3種類あります。

M型(M字ハゲ)

私です。いわゆる剃り込みからハゲていくタイプ。

ドラゴン◯ールでいうベ◯ータです。

ハゲ方の中ではまだ隠しやすくいタイプかもしれませんが、ベジ◯タのようにあえてさらけ出してみるのもイカつくなっていいかもしれないですね。

私の場合そんなの関係なくハゲているという事実を晒したくないので却下ですが。

私も以前書いた通り、おでこのハゲで悩んでいて、

『もっと髪短くした方が絶対カッコいいよ』

とかいう、心無い言葉に、

うるせぇ!短くしたくないから伸ばしとんじゃボケ!!

と、何度心の中で叫んだか分かりません。

大変大きなお世話です。

M型(M字ハゲ)の原因と対策方法

O型(てっぺんハゲ)

てっぺん、つむじからハゲていくタイプです。

そして何より隠しにくい。

おでこからくるタイプであれば、鏡で見て見える範囲なため隠そうと思えば隠せる場合も多いですが、

O型は難しいと思います。

だって、自分では見えないですからね。

おでこタイプと違い、このてっぺんからタイプは、人に指摘されて初めて気がつくという人が多い。

前述している通り私はおでこタイプでしたが、てっぺんも少しだけ侵略されていました。

複合型だったんです。おでこほどじゃないにしろ、てっぺんも「薄いんじゃない?」と

指摘されるくらいにはスカスカ。

初めて言われて合わせ鏡で見たときは絶望しました。光を当てる角度を変えたり、無駄な抵抗もしました。

あの絶望は体験した人じゃないと分からないですね。

でもまあ、今ではこれは完治しています。人によるとは思いますが、一番治りやすいタイプでしょう。

O型、てっぺんハゲの原因と対策方法

A型・U型(デコハゲ)

アルファベットの形が示す通り、おでこの真ん中からハゲていくタイプです。

私はこのタイプは少しだけ進んだ程度。でも、M字と合わさり広いおでこが出来上がっていました。こいつが進まなければまだマシだったのに。

歳をとっていれば、短髪にすればダンディーに見える場合もあります。

でも若くしてこうなるともうアレです。風の強い日は外に一歩も出たくなくなります

前から女の人が歩いてきている状況で強い風が吹いた時は地球にムカつきました

多分他人は気にしてもいないか、すぐに忘れてしまうとは思いますが、

本人としてはそうも穏やかにはいられないものです。

風は本来心地いいものなのに、ハゲてくると途端に最大の敵になるわけですね。

自分の周りだけ風を止められる能力があったらください

まとめ

自分に当てはまるものはありましたでしょうか?

この中に無かったよ!って人は恐らくAGAではないです。

他のハゲ方なので別の記事を参考にしてください。

当てはまった人は、ズバリAGAです。

でも大丈夫、ハゲは必ず治ります。

今日から対策方法を知り、治していきましょう。

シェアする

フォローする